交通事故によるむちうちの治療は病院ではなく整骨院でも可能です。

運悪く交通事故に遭い、傷害を負ってしまったら、その傷害に対する賠償金(治療費を含む)を交通事故の加害者に支払ってもらうことになります。

 

交通事故において首を痛めてしまった場合、いわゆるむちうち症の状態となります。
実際には『むちうち症』という症状名はなく、診断書には外傷性頸部症候群頸椎捻挫といった名称で記載されています。

 

このむちうち症の場合でも、いくら治療をしても改善されない場合には症状固定の状態となり、後遺障害の等級認定申請を行うことが出来ます。
しかし、他の症状と比べて後遺障害の認定を受けることが難しいと言えます。特にむちうち症だけの場合、治療を病院(整形外科)ではなく整骨院に通う人については、後遺障害等級認定を受けることは非常に困難です。

 

病院でもむちうち症の治療は可能です。しかし、病院の場合ですと、治療時間に間に合わない、シップや飲み薬中心の治療になりがちです
ただ後遺障害の等級認定を申請するには、病院へ定期的に受診をし、6ヶ月以上の通院及び症状固定の状態となっていることが必要条件です。
6ヶ月以上の診断や治療を受けて初めて症状固定の診断を受けることができます。また医療行為とは医師のみに認められている行為なのです。

 

そこで当院では
整骨院と病院の並行受診をお願いしております。

 

整骨院にいるのは柔道整復師であり、柔整師から受けることができるのは施術で、厳密には医療行為ではありません。
そもそも、後遺障害等級認定申請に絶対必要となる後遺障害診断書は整骨院では発行してもらえません。
(診断書を書くことが出来るのは医師のみです)

 

ですので整骨院で発行される施術証明書は治療費請求には役立ちますが、等級認定申請においては不十分な書面です。
整骨院は病院よりも通いやすいという点があり、治療するには整骨院の方が充分な治療が可能です。また健康保険を利用することが可能で、さらに自賠責保険における『受領委任』も使用でき、治療については有効な手段と言えます。

 

しかし、後遺障害等級認定を考える場合には、やはり病院や整形外科でしっかり診断を受けておいたほうが確実ですので
整骨院と整形外科または病院の並行受診をして、後遺障害となってしまった場合の対策もしておきたいところですね!

 

24時間OK!インターネットから予約できます

足立区,交通事故治療,むちうち,整骨院

お電話はこちらから

足立区,交通事故治療,むちうち,整骨院
足立区,交通事故治療,むちうち,整骨院
ファミリア整骨院のブログはこちら