レントゲンに映らない痛み

交通事故などに遭った場合、一般的な医療機関でレントゲンやMRIなどの検査を受けます。

検査では肩甲骨などに骨折などの症状があればそれに応じた治療等が行われることになりますが、特に骨折などそれとはっきりわかる症状がなければ、『特に問題ありません』と診断されてしまいます。

 

そして、安静にするようにいわれて診断を終了し、飲み薬やシップを処方されます。
ですが
実際にこれで特に問題なく元通りの状態に戻れる人は多くありません。
なかなか良くならないので不安になっている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

レントゲンではわからない筋肉や靭帯などの組織の損傷が原因で、むちうちや腰痛、あるいは下肢の慢性的なしびれなどを訴える人が多くいらっしゃるのです。

 

実際にレントゲンでは首の骨しか写りません。
ですので、骨に異常がなければ問題ないという診断結果になってしまうのです。
首は人が生命活動をするうえで非常に重要な器官が集まっている部分です。
そのため骨に異常がないからといって問題ないということにはならないのです。

 

特に事故後に発生するむち打ちという症状は非常にたくさんの人が悩んでいます。
むちうちとひとことでいっても、その部位や症状はさまざまです。

 

直後に症状があらわれることもありますが、中にはしばらくしてからじわじわとその苦しみが生じてくる場合も多いのです。
ですので、骨に異常がないということは、決して大した症状ではないということにはならないのです。

 

このようにレントゲンに写らない痛みで苦しむ患者様は非常に多くおられます。
このむち打ちの症状は実際には患者様にしかわからない苦しみでもあります。

 

むちうちのメカニズム

むちうちは後方からの追突により、首に過屈曲や過伸展が強制されることにより起こります。
具体的には首を支えている胸鎖乳突筋や頚板状筋などの筋組織や首骨の周囲の靭帯などの損傷です。

 

ファミリア整骨院では、このようなレントゲンには写らない患者さん方の、言うに言われぬ後遺症の苦しさを理解し、適切に痛みを取り除くように治療を行っていきます。
さらにその身体的な辛さだけではなく、不定愁訴といわれる吐き気やめまい、頭痛といった症状も緩和していくことができます。

 

ファミリア整骨院は一般の医療機関にはない細やかな対応で苦しみからの解放を目指します!

 

特に不定愁訴については、首周囲の交感神経や筋肉の緊張に伴う頭重感などからも引き起こされる場合があります。
このむちうちに伴う不定愁訴は厄介ですので、特に細やかな治療が必要とされます。

 

24時間OK!インターネットから予約できます

足立区,交通事故治療,むちうち,整骨院

お電話はこちらから

足立区,交通事故治療,むちうち,整骨院
足立区,交通事故治療,むちうち,整骨院
ファミリア整骨院のブログはこちら